当事務所では相続の無料相談を実施しております。

藤沢市をはじめ神奈川県全域から沢山のご相談をいただいておりますので少しでもご不安がある方は是非お気軽にご相談ください。

今回のご相談のケースは

「父親が亡くなった。相続人は姉妹二人だが資産も多く把握できていない。何から始めたらよいか。」

ということで姉妹で来所されました。

依頼者様の意向として、遺産分割は半々でなく面倒を見ていた妹に多くあげたいとのお姉様の意向でした。

資産が多く、全て把握しきれていない状態です。

多数の預貯金債権、マンション2棟。

1つは売却し、残りの1つはマンションに住んでいる妹に相続させたいとの意向です。

二人とも働いていて時間がないのですべて任せたいということで当事務所がサポートさせていただく流れとなりました。

当プラザのお手伝い

まずは基本的な相続手続きである銀行解約等の手続きを実施しました。

亡くなられたお父様は単身赴任をしていたので、地方銀行にも口座をお持ちでした。

一般の方ですと近くの銀行手続きでも面倒、何を集めたら良いのかわからない方が多いです。

ましてや地方銀行となるとなおさら面倒だと思われる方が多いです。

しかし当プラザでは日々地方銀行等の手続きをしておりますので問題ありません。

こちらのお客様は預貯金の他、不動産の売却もありました。

当プラザでは部屋の片付けも、専門の業者へ手配をしております。

不動産の売却予定の場合、一般の方ですと

①不動産売却(不動産会社探し)

②部屋の片付け(片付け業者・ホームクリーニング・残置処分業者等)

③売却後の遺産分割(司法書士)

と結構な手間がかかりますが当プラザでは一括してやっております。

信頼出来る不動産業者、残置処分業者への手配もお任せください。

不動産売却で大事な事は信頼できる不動産会社かどうかです。

何軒かで見積りを取って例えば一番高く表示してきた所に任せても、不動産の価格と言うのは相場が既に決まっていますので最初に高くてもなかなか売れず段々と値段を下げられていき結局は相場まで下げないと売れないと言う事が多いです。

その間時間だけが過ぎてしまいます。

相続税の申告がある場合だと無駄な時間になります。

相続税申告期限は10ヶ月になりますので銀行手続きや売却までを考えるとあっという間に来てしまいます。

そんな無駄な時間をなるべく省き信頼できる業者に依頼しておりますのでスムーズに手続きを進めております。

そして売却も無事終え遺産をどのように姉妹でわけるかの話話し合いです。

依頼者様の意向として全ての財産を半々でなく姉30%・妹70%にし、妹がもうひとつの不動産を取得する為、姉へ代償金としていくらかを支払うという事になりました。

まずは全ての相続財産を計算し、項目ごとに3:7にした金額の掲示をして行き、最終的に決定した相続財産より代償金を支払う事になりました。

この間に同じチームの税理士が相続税の概算を計算しております。そして遺産分割協議と同時期に相続税の申告を済ませ無事に全てが終了となりました。

どうわけたらよいかのアドバイス、相続資産の把握、それを協議内容に沿ってわける。一般の方だと面倒、わかりづらい事も当事務所へお任せいただければ全て解決できます。

この記事を担当した司法書士

トラスティ藤沢司法事務所

代表

山脇和実

保有資格

司法書士、宅地建物取引士

専門分野

相続・遺言・生前対策・民事信託・不動産売買

経歴

司法書士事務所での10年の経験を経て独立し、トラスティ藤沢司法事務所の代表を務める。「相続は、亡くなった方の思いを推し量ろう」、「相続は、和をもって尊しとなすが大事」、「完全無欠な平等は不可能、遺産分けは互譲が必要」をモットーに、依頼者の内にある悩み要望を推し量り、顧客満足に繋がるよう努めている。また、勤務時代を含めて担当した相続・売買案件は1000件以上に上り、相談者からの信頼も厚い。


サポート料金

相続手続きの最新記事

解決事例の最新記事