4つのチャートでわかる臨終~葬儀・法要の流れ

身近な人が亡くなった後には、大きく分けて「臨終~納棺」「通夜~初七日」「法要の流れ」「お墓選定~納骨」の四つの段階があります。

複数の手続きが同時進行で押し寄せてくるので、優先順位を決めて落ち着いて手続きを進めてください。

そのためにもまずは全体的な流れを把握することが大切です。

臨終から葬儀・法要・納骨までの流れ

この記事を担当した司法書士

名称未設定-1

トラスティ藤沢司法事務所

代表

山脇和実

保有資格

司法書士、宅地建物取引士

専門分野

相続・遺言・生前対策・民事信託・不動産売買

経歴

司法書士事務所での10年の経験を経て独立し、トラスティ藤沢司法事務所の代表を務める。「相続は、亡くなった方の思いを推し量ろう」、「相続は、和をもって尊しとなすが大事」、「完全無欠な平等は不可能、遺産分けは互譲が必要」をモットーに、依頼者の内にある悩み要望を推し量り、顧客満足に繋がるよう努めている。また、勤務時代を含めて担当した相続・売買案件は1000件以上に上り、相談者からの信頼も厚い。


サポート料金