解決事例5

被相続人が外国籍(台湾)で、台湾から戸籍を取り寄せたケース/藤沢市

状況

被相続人(母)が在日台湾人だったため、台湾にある現地役所から戸籍を取り寄せる必要があり、どのようにしてよいか分からないと相談にお見えになりました。

当プラザの提案&お手伝い

台湾の戸籍を取り寄せるには、台北駐日経済文化代表処という台湾の役所で「現地の台湾の人に戸籍取得の権限の委任する」旨の委任状(授権書)を作成する必要があります。依頼者と代表処に出向き、現地の台湾人とコンタクトをとり委任状を作成しました。

結果

台湾の戸籍を翻訳したものと遺産分割協議案を元に、無事協議が成立、相続手続きを完了することが出来ました。

相続手続きの最新記事

解決事例の最新記事

遺産分割の最新記事