民事信託のポイント4~利益を受ける方はペットでも有効

自分の財産を預ける事が可能であり、十分に安心出来る

鎌倉の藤沢で相談をする事が可能となっているペットの相談についてですが、民事信託のポイントも良く分かっているので、十分に頼る事が可能です。

専門の税理士と司法書士に託す事で、利益を受ける人も、亡くなってからの不安を持つ人も安心出来るのです。自分が亡くなった後にペットの世話が気になるのは誰でも同じ事です。そのために民事信託では、予め相続などを第三者に決めておく事で、ペットの世話と自分の財産を預ける事が可能となっているのです。そうする事で愛するペットが自分がいなくなった後でも安心出来るのです。

会社として、相続などを承っている相談窓口などもあり、鎌倉の藤沢でもそれは変わりません。専門の司法書士が一番役立つので、間違いなく頼る事が大事です。この時に自分が不在の時でも自分の財産を渡す事が可能となっている法律なので、十分に理解すると安心できるでしょう。

また、負担付遺言として遺す事も可能としており、民事信託を使う事で更にスムーズに手続きを済ます事が可能なのです。

そして、負担付遺言と民事信託の違いを理解する事で、今までに悩んでいた事が嘘の様になる事は間違いなく、専門の司法書士に依頼するのが当然になります。

負担付遺言との違いと司法書士の強さと利用価値

民事信託で定められているペットについても安心出来る財産の件でも、悩んだ時には鎌倉の藤沢の専門の司法書士に相談するのが一番なのです。

負担付遺言は、相続の代金、いわば遺留分を侵害しないと言う範囲が定められていますが、民事信託の方では金額に制限がつく事はないのです。

そのため、どちらが一番と言う事ではなく、ペットの事を考えると、どちらがいいのかを困った時に専門の司法書士に教えを乞うことができます。

制限のない民事信託の方がメリットになると考える人も多くいますが、自分がいなくなった後の心配をする人も大勢いるのが問題なのです。そのため、自分で判断するのではなく、法律を通して、きちんと定めた方が安心出来る事は確かです。

そこで、民事信託に強い専門の司法書士が役立つ事になり、負担付遺言と民事信託の大きな違いを示してくれます。また、民事信託の方では、負担付遺言と違い、ペットの生活を自分が亡くなった後も安定させたい、保証したいと言う想いを十分に叶える事が可能となっている方法として認識されています。

ペットへ使う金額やどこに使って欲しいかすらも決める事が可能となっている事から、ペットの事が心配でしょうがない方におすすめしたいのが民事信託なのです。

相続の無料相談受付中!

IMG_08570022

当事務所は初回相談を完全無料で承ります。
もちろん無料でも親切丁寧にご相談に対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

電話番号は0466-53-8631になります。
●電話受付:9時00分~19時00分(土日祝対応可能)
※お電話での相談対応は原則いたしておりません。