民事信託のポイント2~認知症になった場合にも財産を扱うことができる

民事信託はメリットが多い

遺産に関してはどうすれば良いのかいろいろと迷うものです。

それもそのはず、日常生活の中でそうそう頻繁に扱うものではありませんから、いざ自分自身がそのような状況に置かれた時、果たして「何をすればよいのか」「誰に相談すれば良いのか」さえ分からないかと思いますが、”民事信託”はいざという時のためにぜひ覚えておくべきものです。

民事信託には多くのメリットがあります。

簡単に言えば財産や資産の管理を委任する事になりますので、例えば、認知症になった場合であっても財産を扱えるようになります

資産を持っている人間が認知症になってしまった場合、資産はどうにもならないと諦めてしまう人も多いのではないでしょうか。
それは、資産をどうするかを考えられないような状況となってしまっているからです。

ですが、民事信託を活用し、認知症の方の財産や資産を管理することができるようになります。

民事信託で資産を扱う

民事信託を活用することで、認知症になってしまったとしても財産や資産を扱えるようになります。

それによって、他の家族に任せることができます。つまり、無駄になってしまう事がなくなります。

多額の資産があった人なのに、認知症になってしまったがためにどうする事も出来なくなってしまったと嘆いている人もいるかもしれません。
ですが、民事信託であればそのような資産も他の人が代わりに運用出来るのです。

つまり、諦める必要はなくなります。
では、実際にどのような形で民事信託を行えばよいのか。

その相談相手として適しているのが”司法書士”です。

民事信託のご相談なら

藤沢・鎌倉エリアで司法書士を探しているのであれば、まずは当事務所の無料相談をご活用下さい。

司法書士に対して相談するのはハードルが高いと思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、まずはお気軽にご連絡下さい。

民事信託はもちろんですが、どのような相談であれ親身になってお引き受けさせていただきます。
ご依頼者様が何を求めているのかを十分にお聞きした上で、法律上それが可能なのか、可能であればどのような方法があるのか、といったことをお伝えさせていただきます。

まずはお気軽にご相談下さい。
司法書士が実は相談するハードルの高い存在ではないと気づいていただけると思います。

 

相続の無料相談受付中!

IMG_08570022

当事務所は初回相談を完全無料で承ります。
もちろん無料でも親切丁寧にご相談に対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

電話番号は0466-53-8631になります。
●電話受付:9時00分~19時00分(土日祝対応可能)
※お電話での相談対応は原則いたしておりません。