遺言書のメリット・デメリットとは

遺言書は残しておくべきかどうかという事について

相続のために準備をしようとしている方が増えています。藤沢や鎌倉といった地価の高いところに不動産などを持っている人は、相続時のトラブルを防ごうと事前に相続のための準備として遺言を残すことも考えているのではないでしょうか。

 

しかし、せっかく遺言を残してもうまく使えないケースも耳にすることがあるものです。正しく遺言を残すことが出来れば非常に役立つものとなるのですが、ルールなどが分からないまま作ることによって無効になってしまったり、作った遺言書が発見されずに遺志を実現することが出来ないこともあるのです。

 

基本的には遺言を残しておくことは遺志を実現するために必要なことです。しかし、ただ残すのではなく、有効な形で効力を発揮できるようにする必要があります。遺言の作り方についても、藤沢鎌倉地域の司法書士に相談をしてみましょう。

 

遺言書を残しておくメリットとはどういったものがあるのか

遺言書を残しておくメリットとしては、遺志を実現させやすいという事が挙げられます。確実に引き継いでほしい人のところに引き継いでもらうように指示ができますから、残された人々がトラブルを起こすことも少なくなります。

 

相続する人間の話し合いだけでは問題が起こりそうなときにはぜひ遺言を残しておきましょう。

 

また、法定相続分だけにこだわらず、柔軟な分け方をしやすくなるのもポイントです。相続人に対する財産の帰属以外に、藤沢鎌倉地域では文化的なものも多く、特定の人や他人に引き継いでもらいたいと考える物品もあることでしょう。そういった場合に遺贈するといった形もとることが出来るので、こうした事情がある場合は遺言を積極的に残しておくようにしましょう。遺言書の作り方については司法書士に相談してみるのがおすすめです。

 

遺言書をいい加減に作ってしまうとデメリットも生じてしまう

遺言書の作り方についてよく知らないまま作ってしまうと、無効な遺言書になってしまうことがあります。二人以上が一通の遺言書を作ってはいけませんし、遺言書は自筆でなければいけません。

 

日付を入れなくてはならないというルールもあります。他にもルールがいくつかあるのですが、そういったことをきちんと守らなければ無効になってしまい、せっかくの配慮が無駄になってしまうこともあるのです。ルールをきちんと守って作成するように心がけましょう。

 

作成時と財産の状況が大きく異なっていると問題になりがちです。定期的に作り直すなどといった対策が必要でしょう。

 

また、不動産の相続登記に遺言書を付けることがありますが、きちんと不動産を特定していない場合などは役に立たないことがあります。特に不動産が含まれているようなときには司法書士に相談してみることが重要です。

 

相続の無料相談受付中!

IMG_08570022

当事務所は初回相談を完全無料で承ります。
もちろん無料でも親切丁寧にご相談に対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

電話番号は0466-53-8631になります。
●電話受付:9時00分~19時00分(土日祝対応可能)
※お電話での相談対応は原則いたしておりません。