相続時精算課税

この制度は、相続の制度を変更することができる方法の1つとなっており、導入されたことで贈与のできる幅が大きくなりました。特に高額となっている相続が決まっているのであれば、こちらの方法を採用すると、早期に多額の財産を移転できます。しかし先に税金を支払うことになるので、もらった段階でお金は減少してしまう点には気をつけてください。ここがわかりづらいとされており、間違えている方も多いです。

先に支払いを行って後から差額分を払うだけでいい

相続時清算課税を利用することによって、先に贈与税の支払いを行うことになります。

仮に、お金をもらっているのであれば、贈与時に苦労することはありませんし、支払える範囲で行っておけばいいだけです。その後で財産を持っていた人が亡くなって、実際に相続をすることになったとき、最終的に相続税を計算して、先に払っていた差額分だけを納めることになります。もしマイナスとなっていた場合は、還付されることになります。

この方法はかなり有効であり、藤沢や鎌倉のように、多くの方が財産を持っているような家では使いやすくなります。先に贈与税として支払いをしておき、後から受け取った分を計算して、その差額によっては税金が戻ってくる仕組みとなります。都市部では使いやすい方法であり、藤沢と鎌倉は特に利用できる場所と言えます。

わからない制度でもあるので相談をすることが第一

この制度は差額によって支払いをすることになりますので、相続の中でも難しいとされている部分があり、さらに相談をしないことにはわからない部分も多数あります。そうしたことをチェックするためにも、まずは司法書士の方に相談をしてください。話をしたことによって、どのような制度かを理解するだけでなく、実際に行うときの注意点を教えてもらうことができます。

何よりも最近導入されたばかりの制度で、この制度を受けるためには様々な要件をクリアしなければなりません。当プラザでは税理士により最新の情報をお伝えさせていただきます。また、実際に相続税申告をした際の事例などを挙げてご説明させていただきます。

相続の無料相談受付中!

IMG_08570022

当事務所は初回相談を完全無料で承ります。
もちろん無料でも親切丁寧にご相談に対応させていただきます。
お気軽にご相談ください。

電話番号は0466-53-8631になります。
●電話受付:9時00分~19時00分(土日祝対応可能)
※お電話での相談対応は原則いたしておりません。