相続手続き

顔も知らない母の相続財産調査を行ったケース/藤沢市

顔も知らない母の相続財産調査を行ったケース/藤沢市 状況 母が死亡し、唯一の相続人である息子(55歳)の自宅へ、母が生前居住していたマンション管理組合から、1通の督促状が内容証明郵便で届きました。そこには、母は、管理費等を多額に滞納したまま、3年前に亡くなっており、相続人である息子に支払ってもらいたいと書かれておりました。 息子は、2歳の時に父母が離婚し、それ以来母とは一度も会っていないため
続きを読む >>

被相続人が外国籍(台湾)で、台湾から戸籍を取り寄せたケース/藤沢市

解決事例5 被相続人が外国籍(台湾)で、台湾から戸籍を取り寄せたケース/藤沢市 状況 被相続人(母)が在日台湾人だったため、台湾にある現地役所から戸籍を取り寄せる必要があり、どのようにしてよいか分からないと相談にお見えになりました。 当プラザの提案&お手伝い 台湾の戸籍を取り寄せるには、台北駐日経済文化代表処という台湾の役所で「現地の台湾の人に戸籍取得の権限の委任する」旨の委任状(授権書
続きを読む >>

相続人の一部から相続分を買い取り、スムーズに遺産分割協議が成立したケース/藤沢市

解決事例4 相続人の一部から相続分を買い取り、スムーズに遺産分割協議が成立したケース/藤沢市 状況 相続人が20人以上おり、それぞれ高齢だったり、遠方に居住しているので遺産分割協議がまとまるのに結構な時間を要すると予想される案件でした。一部の相続人Aさんが「今さら相続手続きに関わる気はない、早く終わらせて貰いたい」と主張されていました。 当プラザの提案&お手伝い 他の相続人の意見聞いた上
続きを読む >>

戸籍を調査したら、全く知らない、聞いたこともない相続人がいることが分かったケース/藤沢市

解決事例3 戸籍を調査したら、全く知らない、聞いたこともない相続人がいることが分かったケース/藤沢市 状況 相続人が戸籍謄本を取得したところ、会ったことも聞いたこともない相続人がいることがわかり、どうしていいか分からないので相談にお見えになりました。 当プラザの提案&お手伝い 全く知らない、会ったこともない相続人同士だと、ファーストコンタクトが非常に大事だと説明し、当プラザで「相続手続き
続きを読む >>

何代にもわたって土地の相続登記をせずに放置していたケース/藤沢市

解決事例2 何代にもわたって土地の相続登記をせずに放置していたケース/藤沢市 状況 土地が相当前に亡くなった曾祖父の名義になっておりました。曾祖父が亡くなってからも次々相続人が亡くなっていたので、現在だれが相続を受ける対象なのか不明な状態でした。 当プラザの提案&お手伝い 戸籍謄本を取得し、相続を受けるべき人が誰になるのか調査しました。 結果 戸籍調査の結果、相当な人数の相続関係者が
続きを読む >>