画像①

はじめまして。税理士の宮川めぐみです。

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
税制改正により相続税は、「うちは自宅しかないから関係ない」と思っているようなご家庭でも起こり得る、身近な税金となってきています。
相続税の申告件数は急増しておりますが、
相続税は亡くなった後にできる節税はほとんどありません。
相続税を少しでも少なくしようと思えば、いかに生前の段階から家族みんなで将来の相続のことを考えておくかが大切です。

 最近では「事前に手を打っておけばよかった~」となる前に、現状把握をするための相続シミュレーションを行うケースも増えています。
相続シミュレーションを行うことで、納税額の把握や相続税対策を行うことが出来ますし、大切な「財産」や「思い」を遺言とする際のツールとして役立ちます。

 なお、相続税対策というと生前贈与などの節税ばかりに目が行きがちですが、忘れてはならないのは「納税資金対策」です。
相続税は相続開始後10ヶ月以内に現金一括払いで納税を済ませなければならないため、最低でもシミュレーションによって算出した相続税額を一括で支払えるような現金を準備する必要があります。
税務相談においては、そのような場合の対策も一緒に考えていきます。

 『まだまだ先の話』と先延ばしにしてしまわずに、ご自身がお元気なうちからご自身に関わる相続と真剣に向き合ってみませんか?
また、先祖代々又は両親が築いてくれた財産をどのように次の代へ引き継ぐか?守っていくか? そのために残された自分でできることはないか?

を一緒に考えてみませんか? 

ぜひお気軽にご相談ください。