相続対策あれこれ

まずはトラブルを防止する

相続の対策は数多く存在しますが、中でも生前贈与・遺言は有効です。まずはトラブルを防止するために何をしたらいいでしょうか?

 

詳しくは、まずはトラブルを防止するをご覧ください。

 

相続税の納税資金の考慮

相続対策として「財産評価額を下げる対策」を講じる方がおりますが、現実としては「納税資金準備対策」を優先的に実施すべきだといえます。相続人が相続税の納付で困らないために、まずは納税資金準備対策」をしましょう。

 

詳しくは、相続税の納税資金の考慮をご覧ください。

 

相続税対策

相続税の対策については大きく分けて2つあり、①生前贈与を中心とした相続税の節税のための対策。②相続税の納税資金を確保していこうと考えていく対策です。

 

詳しくは、相続税対策をご覧ください。

 

生命保険を活用する

相続税は金銭で一括納付をすることが原則になっています。

不動産やその他の動産で納付すること(物納)は条件付きとなりますし、物納はなかなか認めてもらえないのが実情です。また、売却して金銭に換価することも本望ではないことが多いでしょう。

 

そういったときに、よく対策として使われるのが「終身保険」です。
保障が一生続くため、死亡時に必ず保険金が受け取れ、現金が手元に残るのです。

 

詳しくは、生命保険を活用するをご覧下さい。

 

この記事を担当した税理士

名称未設定-4

宮川めぐみ税理士事務所

代表

宮川めぐみ

保有資格

税理士

専門分野

相続・贈与・生前対策・不動産

経歴

2017年9月に「宮川めぐみ税理士事務所」を開設し代表を務める。税理士の仕事は人と人とのつながりで成り立っており、扉をノックして下さった方々のご縁を大切に、一人でも多くの人のHAPPY(笑顔)がみたいという考えのもと、「迅速な対応」「情熱を持って冷静な判断」「いつも笑顔 (安堵感)」をモットーとしている。また、お客様に寄り添った日本一わかりやすい説明のできる税理士を目指している。


サポート料金