相続登記

遺言書に非課税の私道の記載がなかったために相続人全員の合意がいることになってしまったケース/藤沢市

解決事例1 遺言書に非課税の私道の記載がなかったために相続人全員の合意がいることになってしまったケース/藤沢市 状況 被相続人A子さんは、子供が無かったため、同居の甥のB男さんと一緒に住んでいる自宅を相続してもらいたいと考え、遺言書に「(略)土地〇〇 建物〇〇を甥のB男に相続させます」と記載しました。 A子さんが亡くなり、B男さんが相談にお見えになりました。遺産の調査をすると自宅の前面道路が
続きを読む >>

何代にもわたって土地の相続登記をせずに放置していたケース/藤沢市

解決事例2 何代にもわたって土地の相続登記をせずに放置していたケース/藤沢市 状況 土地が相当前に亡くなった曾祖父の名義になっておりました。曾祖父が亡くなってからも次々相続人が亡くなっていたので、現在だれが相続を受ける対象なのか不明な状態でした。 当プラザの提案&お手伝い 戸籍謄本を取得し、相続を受けるべき人が誰になるのか調査しました。 結果 戸籍調査の結果、相当な人数の相続関係者が
続きを読む >>